2021年6月25日金曜日

6/24 山の作業小屋で総会を開催
午後はハチトラップなどメンバーそれぞれに

 6月24日、緊急事態宣言がようやく解消され久しぶりの例会となったこの日、午前中は総会を開催。午後はそれぞれのメンバーが抱える仕事を精力的にこなしました。
前列左から、高原・那須・中室・前田・藤原・清水
後列左から、朝井、梶川・弘田・土井・山條 のメンバー各位
(撮影のときのみマスクを外して臨みました)


2020年度総会
 2021年(令和3年)6月24日、和泉葛城山ブナ愛樹クラブの'20年度(第20期)総会が、拠点である山の作業小屋のテラスにおいて開催されました(参加会員数と委任状を得て総会は成立)。

 高原副代表の司会のもと、土井代表による詳細な議事が進み

 20年度の活動報告と会計報告、21年度の活動計画と予算案審議、役員選任などの定例の議案のほか
 様々に活発な動議も出て、曇天下冷気さえ感じるなか熱のこもった議論が交わされました。

 すべての議事を終え、昼前、つつがなく総会は了。

 気温は10時には19度ありましたが、総会中の戸外の気温はさらに低まっていたようです。

午後はそれぞれの仕事を
 午後は、スズメバチの捕獲状況を調べたり、

 

ペンキを塗ったり、ハチトラップを整備し直したり


 それぞれに担った仕事をこなして過ごしました。

 陽が射し出した午後には山の気温も23度まで上がっていました。

2021年6月9日水曜日

6/8 ブナ実生調査のご報告
緊急事態宣言下 自主活動でブナの芽生え
調査を挙行!
テレビ岸和田の取材班も同行

 言い出しっぺは田中先生。これに土井代表、山條さん、朝井さん、高原のメンバーと、野鳥の中村先生が参加。テレビ岸和田の取材班も2名同行して都合8名のパーティーでした。



山のゾーンに果たしてブナの芽生えはあったか?

 昨年はブナの種子が大豊作でしたが、採取してみれば実の無い「シイナ」が大多数でした。しかしながら落ちた種子の芽生えはそれなりに期待できるのではとの調査でした。

 丹念に調べて回りましたが、結論を言えば、残念ながら今回の調査では昨年の実生は見つけることが出来ませんでした。


ただ 嬉しい発見も!

 しかしながら、うれしい発見もありました。3年生程の若木を土井代表が、5年生以上の若木を朝井さんが見つけました。

 土井さんが見つけた木は塔原デッキを少し下った山道の右手に。朝井さんが見つけた木は不法伐採木の(塔原デッキ寄り)山道の右手のミヤコザサの中でした。


 田中先生がそれらの木を慎重に観察しています。ブナの若木として成長を見守りたい思いがいっぱいです。




ブナ林では黄色いコツクバネウツギの花が咲いていました

ブナ林の中や小屋の周辺で大阪府の絶滅危惧種のカキノハグサ(ヒメハギ科)が咲き始めていました。貴重な花です。和泉葛城山ではあちこちで見られます・



時おりホトトギスやツツドリの鳴き声が響き渡ります。さわやかな風が吹いて快適です

旅客機が全く飛ばない関西空港や明石海峡大橋もみえています。(写真ではよく見えませんが)

 気温24度、湿度61%。

 宣言下も、作業小屋はいつも通りのたたずまい。風を通しました。
 小屋前の駐車場や周辺の草刈りも行いました。

5/26に設置したズズメバチトラップには数匹の
スズメバチ(キロスズメバチ)や多数のアブ類や甲虫類がはいっていました。
設置が遅れたせいか昨年よりすくないです。




2021年5月28日金曜日

5/26 有志で蜂トラップを設置してきました

 緊急事態宣言下で例会休止のなか、有志でハチトラップを作り、設置してきました。スズメバチ対策はいま実施しておかないと時期を失します。
 自主参加したのは、土井会長、山條さん、中室さん、那須さん、朝井さん、高原の6名。

終了時に撮影



行きがけに塔原の畑を… はたしてブナの発芽は?
 往路、ヘルメット用の棚を購入し、久しぶりに土井代表と高原が塔原の畑を様子見してきました。雑草が繁茂し、中にブナの発芽を探しましたが、残念ながら見つけることは出来ませんでした。
ブナ播種場所は一番奥です。手前の畑は麦をすでに収穫済みでした


ブナの実生を探していますが
沈降した種子を播種した期待の場所です。
沢山の植物が芽を出していますが、掻き分けてさがしても
ブナの実生は見つかりません。

まずは棚を設置 ”ヒルメシ前”のシゴトでした
 お昼までのひと時、購入したヘルメット置き場の棚を組み立てて設置しました。場所は物置に入った右手です。少し様変わりしました。
ヘルメット20個が収まる棚です



午後、本日のメインイベント=ハチトラップにかかりました
一昨年3人の会員が作業中にオオスズメバチに刺され、病院で治療を受けました。昨年からトラップでスズメバチを捕獲をはじめたので昨年は被害ゼロでした。

 この日のメインイベントはハチトラップの作成と設置です。手慣れたものです。

使った清酒は鬼ころしと松竹梅
ハチにやるのはもったいない!




 今回はハチトラップを10本作り、要所要所の木にひもで結び掛けしました。2週間くらいでオオスズメバチが入ると思います。



【ハチトラップの作り方】
・清酒3リットル、酢1リットル、砂糖1kgをポリバケツでよく混ぜて
・それを大型のペットボトルに400ccほど入れます。
ペットボトルにNTカッターで2か所、2cmの大きさでH字に切り込みを入れ、上片をビンの外に、下片をビンの内に折り曲げておきます。
PPヒモ1mの真ん中を巻き結びでペットボトルの口を縛り、木などに吊り下げます。


ブナの種子の芽生えは、山ではどうか?
 トラップ作業を終え、ブナ林の芽生えの探索に行きましたが、新たな芽生えは発見できず、牛滝道への上のテラスに行く所で前回見つけた今年の芽生え2つ(下の写真の実生1、実生2)を含む4つの確認が出来たのみでした。

実生を探して歩きましたが




4/26に見つけた実生は確認できましたが

下の写真は今年芽生えた実生の成長(4/27→5/26)の様子です。(1本は虫に食われて今後が心配)

4/27 ブナの実生1
(双葉に小さな本葉が見えています)
                
            
5/26 実生1 本葉2枚が一月で成長






  

5/26 実生2 
成長した本葉が虫に食われて
葉脈だけになっている
双葉も食われています
4/27 ブナの実生2(双葉)
可愛らしいハート型の双葉
本葉も出かかっています




 この日、午後1時15分の気温は16度、湿度は54%。山は平地より7度ほど低めでした。


2021年5月27日木曜日

 

6/13に和泉葛城山のブナ林に関するシンポジウムがオンライン開催に変更になりました。(内容、時間は変更はありません):内容の詳細は5月5日の配信をご確認ください。

2021年5月24日月曜日

 大阪里山ネットワークのHPができました!

・大阪里山ネットワークのHPがあたらにできました。ブナ愛樹クラブも掲載されています。(下記をクリックして御覧ください)

      https://www.ogtrust.jp/satoyama/org/20210511_2.html

          



2021年5月5日水曜日

6/13に和泉葛城山のブナ林に関するシンポジウムが開催されます。内容及び申込み方法は下記のとおりです。→オンライン開催に変更になりました。

<6/13(日)シンポジウム 和泉葛城山ブナ林の過去・現在・未来を語る>

ブナ林保護増殖の歩みとともに、今動いている調査の狙いと結果、生データを基に、ブナ林の現状を語ります。

そして今後のあり方を皆さんと考えていきます。


<オンライン配信の連絡がありました:下記の通り>
会場を設けての開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が延長される可能性があるため、ZOOMを使用してのオンライン開催に変更することになりました。(2021/5/27)
※既にお申込みいただいている皆さまは再度お申込みいただく必要はありません。個別にご連絡いたします

【日 時】2021年6月13日(日)14:00~16:30

     Zoomによるオンライン配信に変更になりました。

【会 場】 貝塚市教育研究センター 研修室

     (大阪府貝塚市二色3-25-5)南海本線「貝塚駅」東口

     水鉄バス「二色産業団地行」→「市民の森」下車 徒歩3分

     (13:00発もしくは13:30発のバスにご乗車ください)

【定 員】25名(一般)要申込・先着順  ※後日YouTubeにて動画配信を行う予定です。

【申込み】 https://ws.formzu.net/dist/S13992580/

 

【内 容】

あいさつ 佐久間 大輔(大阪市立自然史博物館 学芸課長)

◆ 講演1 「ブナ林保護増殖の経過」        

      布谷 知夫(三重県総合博物館 前館長・同特別顧問)

 

◆ 講演2 「ブナの結実・芽生え・若木の生育など、調査結果からわかったこと」

      田中 正視(貝塚市文化財保護審議会委員)

 

◆ 講演3 「和泉葛城山ブナ林 10カ年計画」の概要          

      佐久間 大輔(大阪市立自然史博物館 学芸課長)

 

◆ パネルディスカッション

 コーディネーター:佐久間 大輔(大阪市立自然史博物館 学芸課長)

 パネラー:布谷 知夫(三重県総合博物館 前館長・同特別顧問)

      田中 正視(貝塚市文化財保護審議会委員)           

      前中 久行(岸和田市文化財保護審議会委員)

      髙橋 寛幸(貝塚市立自然遊学館長)

      岡本 素治(岸和田市立きしわだ自然資料館長)

主催:貝塚市教育委員会、岸和田市教育委員会、(公財)大阪みどりのトラスト協会

後援:大阪府(予定)                                                                                                 

協力:(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所生物多様性センター・大阪市立自然史博物館(予定)

2021年4月30日金曜日

 

 和泉葛城山の自然 

和泉葛城山の春の花(4/22-26)を更新しました。

 上・帯メニュー右端の  和泉葛城山の自然 を押してください。

2021年4月28日水曜日

4/26 今期2回目の
トラスト協会ナラ枯れ調査に参加:
約100本のコナラの観測を完了しました 

 4/26 トラスト協会ナラ枯れ調査の2回目に参加しました。和泉葛城山における薬剤処理などのナラ枯れ対策を国へ申請するための現状調査です。アカガシ、コナラなどのナラ枯れ状況、位置を調べていき申請の基礎データとします。
 トラスト協会の牧野事務局長と石山さん、きしわだ歴史資料館の岡本館長、岸和田教育委員会の女性職員、岸和田テレビの取材陣2名。そして当クラブからは、田中先生・土井代表・山條さん・朝井さん・高原さんのメンバーが参加しました。

最初に本日の調査内容の確認等の打ち合わせです




 神社石段から下のデッキまで右手にあるアカガシ4本の胸高直径を計測。神社階段側から下のテラス方向に1231454103(以上、センチメートル)でした。GPSで位置もチェックしていきました。

巨大なアカガシの胸高直径を測定しています。
常緑広葉樹のアカガシがブナと一緒に生育しているのが和泉葛城山のブナ林の特徴です。
<標高の高い場所に生育する多くのブナ林は落葉広葉樹林帯に広がり高木の
常緑広葉樹は生育していません。標高の低い場所に生育する和泉葛城山の
ブナ林特有の生態系です>

2021年4月23日金曜日

 4/22(木) 久しぶりに定例会を実施しました。

今月は2回の定例会が雨天中止になりましたが、久しぶりに9名の参加で定例会を実施しました。

休んでいる間に季節が進み、春の花がどんどん咲き進み、新芽も大きく成長しました。タラの芽やコシアブラの新芽も丁度食べごろで昼には朝井さんが天ぷらにしてくれました。春の味覚を堪能することができました。

作業は先月から継続している作業道の倒木の処理と前回準備したコナラのホダ木へのシイタケ菌の植菌作業(原木への種菌の植え付け)です。ブナ林の開花状況も調査を実施しました。


今回から、これまでの緑のヘルメットの耐用年数がすぎたので白いヘルメットに交換しました。①飛来・落下物用と②墜落時保護用の両方の機能があるスマートなヘルメットです。全員分購入しましたので名前をヘルメットの後ろに記入して使用してください。集合写真でかぶっている白いヘルメットがこれです。

<下図は今回のヘルメットのHPの情報の引用です>

新しいみどり安全製のヘルメット
<SC13BV RA KP付 ホワイト>
通気孔が目新しいです→




サイドのつばが小さく、雨が前後に流れるようになっています。通気の効果は夏場にならないとわかりませんが期待です。頭のサイズ調整も簡単にできました。

作業道の整備--2018年の倒木により通行が難しくなっていた作業道の整備(ブナの植栽地へ通じる道)を継続してきましたが今回の整備でこの作業道の整備は完了しました。

作業道の上に斜めに倒れかかっているヒノキを安全に処理する為に
ロープを使い慎重に作業を進めていきます。

処理したヒノキを作業道脇へ整理して行けば作業は完了です。

作業道がきれいに整備されたので、一般の登山者が間違って侵入してしまう(行き止まり)ことが懸念されますので、次回以降入り口に侵入防止の柵を設置する予定です。吉崎さんが立派な柵を設計してくれたので完成が楽しみです。

コナラのホダ木へのシイタケ菌の植菌作業(原木に種菌を植え付け)

コナラのホダ木にドリルで穴を開け、種菌を打ち込んでいきます。那須さんと梶川さんが担当してくれました。手際よく作業を進めています。

シイタケの種菌は400個、使用したのは、【駒菌】で 水分調整した木片(駒)にしいたけの菌糸を培養したタイプの菌です。来年の春にはきのこがでてくるかな?